ゆるキャラ®グランプリ参加キャラクター

たび丸

たび丸

所属:滋賀県草津市

東海道と中山道が合流する宿場町として栄えた草津市。「住みよさランキング」(東洋経済新報社)4年連続近畿NO.1の草津市をPRするキャラです。

Facebook

ご当地情報

草津市

琵琶湖の南東部に位置する、自然に恵まれた草津市。
湖岸エリアと都市部をあわせもちJR来降客数県内1位2位を独占するなど、利便性の良さも魅力のひとつです。
市の面積は、67.82k㎡(このうち19.17k㎡は琵琶湖)で、日本最大の淡水湖である琵琶湖に面し、瀬戸内式気候に近く、温暖な気候に恵まれています。

注目! 住みよさランキング2017(東洋経済オンライン)

草津市の今年の結果は、全国層が総合24位
近畿No.1の5連覇
西日本エリアは昨年トップを逃しましたが、
本年度は見事返り咲きました!

観光 国史跡草津宿本陣

本陣とは、江戸時代に大名などが利用した宿泊施設です。
東海道と中山道が分岐・合流する交通の要衝であった草津には2軒の本陣がありました。
その一つであった田中七左衛門本陣は、東海道筋では唯一、当時の姿をほぼ完全に残している本陣であり、国の史跡に指定された宿場町草津のシンボルです。

観光イベント 烏丸半島内で開催される熱気球フライト体験

7月下旬から8月上旬に開催される熱気球から見るびわ湖の美しい景観と雄大な山々を存分に体験していただけます。夏の草津の風物詩です。

観光イベント 草津街あかり・華あかり・夢あかり

秋の草津の夜を幻想的に彩ります。
市民などの手作りのあんどんが並び、多くの人でにぎわいます。

観光 草津市街道交流館

江戸時代の草津宿を200分の1サイズで再現した模型や浮世絵刷り体験、江戸時代の道中着を身に付けられる「旅体験コーナー」などの常設展の他テーマ展も開催。

観光 水生植物公園みずの森

琵琶湖などの豊かな自然に恵まれた、「植物と人、水と人のふれあい」をテーマにした全国でも数少ない水生植物公園です。四季を通じてさまざまな植物が楽しめます。
多数のスイレン、ハスのコレクションがあり色とりどりの美しい花がみられます。
琵琶湖を見下ろす丘には恋人の聖地も。

ご当地 市の木:キンモクセイ

常緑の小高木で、庭木三名木の一つに数えられています。
排気ガスなどの公害に敏感で、病虫に強く、高木にならないことから、家庭での緑化に適しています。

ご当地 市の花:アオバナ

正式名を「大帽子花」といい、つゆ草の変種です。つゆ草より全体に大きく、毎年7・8月の暑い盛りに青色の花を咲かせます。
古くから草津で栽培され、花弁に含まれる青色色素から作る青花紙は友禅染や絞染などの下絵書きに利用されています。

ご当地 草津市章

市制施行の昭和29年10月15日に制定しました。
「く、さ、つ」を図案化したもので、線の太いものは市勢の力強さを示し、全体を横にすれば本市が日本の中央に位置するということを表しています。